脱毛サロンに就職したい人が増えている理由とは?

脱毛サロンに就職したい人が増えている理由は、まずなんとなくカッコいいというイメージがあるからです。脱毛サロンで働いているとエステティシャンなどと呼ばれます。エステティシャンというと、なんとも響きがいいですし、とてもスマートなイメージの職業です。しかも脱毛エステティシャンというと、なにか凄い特殊技能を持っているかのようなイメージがあり、様々なエステティシャンの中でも、エキスパートっぽくて素敵と思われがちです。

しかし、脱毛サロンのエステティシャンというのは、実はそんなに凄い専門知識・技能があるわけではありません。脱毛サロンでよく使われている光脱毛マシーンは、医療機関で使う光脱毛マシーンに比べてパワーが弱く安全なので、特別な資格などなくても誰でもちょっと研修を受ければ使えてしまうシロモノなのです。ですから、脱毛エステティシャンはイメージとは裏腹にそんなに凄い人ではありません。

あとサロンに就職したい人が増えている理由として、サロンに就職すれば無料か社員割引で脱毛できることを期待しているということがあります。たしかに社員なら無料になったり特別割引価格で脱毛できたりしますが、脱毛はそんなに年がら年中やってられるものでもないので、実際はそんなにお得感があるとはいえません。

脱毛サロンに就職する場合に覚悟しておきたいのは、客からのクレームです。必ず客から色々クレームを言われることになります。効果がないとか、クーリングオフするとか、肌が荒れたとか、色々なクレームが来ますが、それを上手いこと丸め込めるのが一流脱毛サロンエステティシャンです。
脱毛サロン効果最高調査隊│コスパNO.1のサロンは?口コミ大調査はこちら